保湿の方法

アトピー対策をする上でキンケアは絶対に必要スです。スキンケアを行うということはイコール肌の保湿をするという意味を指します。しかし、ただやみくもに保湿剤を塗れば良いというわけではなく、保湿するにあたって正しい保湿方法がありますので、今回はその保湿方法の正しい方法をご紹介させていただきます。

まず市販もしくは病院で処方された保湿剤ですが、お風呂から上がったあとに塗るようにして下さい。お風呂で温まった体は逆に水分が蒸発しやすい状態にありますので、保湿剤を塗らないと体の水分が蒸発してしまい、かゆみが増してしまいます。そんな保湿剤ですが、人によっては肌に塗り込む方が効果的だと思い、力強く塗ったりしていないでしょうか。これでは返って逆効果です。保湿剤は肌に乗せるような感覚で惜しみなくたっぷりと塗ることが正解です。アトピーのかゆみや湿疹が保湿することで弱まってくるようでしたら、同時に保湿剤の量を徐々に減らしていっても問題ありませんが、症状がひどいうちは気持ち多めに塗った方が効果的です。また保湿剤を塗る前に、その保湿剤を吸収する肌の力を高めるスキンケア用品もあります。吸水力を高め、保湿を維持する肌になることで乾燥から守ることが出来ます。

このように保湿がアトピー対策には必要不可欠なケア方法ではありますが、保湿するにもタイミングや方法を間違えてしまうと効果が全く出ないということがありますので、この保湿方法をご覧になっていただき、少しでも多くのアトピーになっている方の参考になれれば幸いです。

関連サイト:アトピーケア保湿化粧品〔みんなの肌潤糖〕